FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西の魔女が死んだ」

どうもw(*´∀`*)w

下宿したらカップラーメンで食費浮かせると
語っていたら、友人の女の子に、

「どことは言わないけど、機能せんようなるらしいで。一生DTのままは嫌やろ??」

と言われ、いろんな意味で辛かった粉末です。

d4cdb00a.jpg

ストーリー
中学に進んで間もない夏の初めに、学校へ行けなくなった「まい」は、
森で暮らす“西の魔女”のもとで過ごすことになった。
西の魔女とは「まい」のママのママ、大好きなおばあちゃんから、
「早寝早起き、食事をしっかりとって、よく運動すること」が、どんなに大事かを教わる。
「まい」は戸惑いながらも、料理、掃除、洗濯、庭づくり・・・と、日々励んでいくが、
実はその生活は、“魔女修行”の始まりだった。

監督:長崎俊一
出演:サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一 他


このおばあちゃん役、サチパーカーさん
「愛と追憶の日々」(83年)でアカデミー賞主演女優賞を
受賞したシャーリー・マクレーンさんの娘さん!!

子供の頃に覚えた優しい日本語の操り具合が
いっそう魔女っぽさを醸し出しています。。

プラス高橋真悠の演技が良い!!
以外にも演技は初挑戦だったようだが
素直な明るく優しい笑顔が特徴的な女優だと感じました☆…(-c_,-。)

おばあちゃんのみが持つ、優しさのオーラってもんがありますよね
このお話はロケ地が某有名ペンションの森で、祖母がイギリス人だってこともあるんですけど
おばあちゃんの持つ、包み込まれるような優しさってもんはかわらないんですよねw

全てのオチを言うにはあまりにもったいないので
後半にかけてなんですが、高橋真悠演ずる「まい」は
おばあちゃんとひどい別れ方をしてしまうんですね。

そのシーンを見て思い出したのが
この名作・・・・・・・・・・・・・・・・

untitled.jpg

映画「のび太とおばあちゃんの思い出」

秋なのに花火を買ってとおばあちゃんに無茶を言い
「おばあちゃんなんか嫌いだ。」と言う、その後
その事を謝る事も無いまま、おばあちゃんは死んでしまいます。

それを小学5年生になって思い出したドラえもんのび太は
時間を遡りおばあちゃんに謝りに行くのだが・・・・・。


あまり知られて無いんですが、この話とても良い!!!

ドラえもんだからとかではなく、どこの誰だってある
死んだ人への後悔の話なんだけど、そこはドラえもん
簡単に昔に戻っちゃうわけですな、、

ただ、過去を変えるのではなく
謝りに行くってとこが重要なんだよねぇ。。。


声優が変わってからも一度アニメでリメイクされたんだけど
なぜか最後に無理やり笑いを入れてストーリーになっていた。。

あれは問題だったねw

多分あれがあったから新しいドラえもんに馴染めない
と思った人もいたんじゃないかな。。。


話が脱線しましたが、、、笑

とても良い映画なんだ両方とも!!
ぜひ見て欲しい作品である。

MMWAe2000027022008_10_1_e25B15D.jpg


そして今、謝れずにいる人がアナタにはいないだろうか
もしいるのなら、ぜひ謝って欲しい。

この2つの映画は、死んだ後に間接的にとはいえ
死んだものとの対話ができているが・・・・・。

悲しいながら現実はそう上手くはいかない。。


大事な人ではなくても、死んだ者への後悔は
どうやっても、どう頑張っても届かないのだから。




まぁ明日のテストは補修という後悔のチャンスがありますからw
どうってことないんですけどね。・゚・(*ノД`*)・゚・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

粉末 良平

Author:粉末 良平


00000000000

19歳の大学2回生です。

映像・デザインを中心に
イベントやサークルの制作を
行っています。

映像音声制作研究部部長
ブライダルアルバム事務員
としても働いてます。



00000000000




カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。