スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画って良ぃですねぇー♪

どうも
最近なにかと忙しく
PCからの更新が遅れましたが・・・・。

近況報告としては自動車免許が2月末には
取れる見込みが出てきました(笑)

あと卒業課題のプレゼンも終了しまして、残すところ
学年末テストのみとなりましたねw

そんなわけで
時間もチョイチョイ出来始めたので
映画やアニメ、ドラマなど溜まってたのを
見ていくことにしました。。。

まずはこれだ!!
「間宮兄弟」


519hcdqzq5l.jpg

主演:佐々木龍之介 塚地武雅(ドランクドラゴン)

これまぁちょっと前の映画なんだけど
ヒロインとして、常盤貴子、北川景子、そしてなんと沢尻エリカ!!

言っておきますが、このときのエリカ様めっっっっっっっっちゃ可愛いですよ♪
もちろん私としては北川さんの可愛さもやばいんですが・・・

ストーリー自体はマッタリと佐々木さんと塚地演ずる間宮兄弟を
のほほんと描いた作品。

エリカ様と北川さんも姉妹設定なんですがねw
これがまた素敵な設定だよねw

原作は江國香織さん
この人の小説読んだことあるんだけど、、、、、、、、、、、、おも・・ん・・ない
っていうと間違いか。

女の人目線で描かれている作品が多くて
私には分かりづらいのかなぁ~っと思って
母親に読ませたら、やっぱり分からんと・・・・。

まぁそんな事もあったんで
これが江國さんだと知ったときは
ちょっと抵抗あったんですが、なんだろ映像になると
効果音とかが上手く効いててリズムよく感じて
2時間ジャストんp映画だったんだけど
すごく短く感じたねぇw

正直面白かったなwwww

↓これは本編中の記念撮影写真
001.jpg

続いて「ネコナデ」

51lfxOZjZAL.jpg

もう見たまんまよ。
もとはドラマだったみたいだけど
キャストかえて映画化したみたい。
時間も1時間20分くらいだから
ドラマスペシャルみたいな気分で見れたね

萌えすネコ♪

a54114b57830c6783b97b51d0cffa235.jpg

つづいて「この胸いっぱいに愛を」

ぬーん。良い映画だったけど・・・。
ちょっと重い感じだったなw
タイムスリップするんだけど、それがどうって言うわけでもなく
他の映画でいうと、「メトロに乗って」みたいなかんじかなw
見て無い人には分からんやろが。。。

私はこんだけドロッとした感動系はしんどかった。。。

次、これが一番良い映画だったような「大停電の夜に」

0c000599.jpg

クリスマスの日に東京が停電する。。。。。。その夜のお話。。。。。。

ね???
なんかもうそれだけで、面白そうでしょ??

そう!
面白いンですよw

おしゃれな映画とはこの事。
ジャズが似合う映画でしたねぇ。。。。

一見扱いづらそうな大御所役者をいっぱいなんですよね、
みんなそれぞれに悩みや苦しみ、後悔を抱えてて、
でも、こんな夜だから、、、、ってなわけでそれぞれが
幸せ求めてみなめぐり会うんですな(●´∀⊂)

まぁ見なさいょ。この映画は見ても損にはならんお思うんですよ!!




あと一応主役??の豊川悦司
この人、日本のジョニーデップといえるんではないかな??
作品によって全然キャラが違う、、、、
とくにこの作品ではワイルドな感じがいつもとは
また違った雰囲気をかもしだしています。

top1.jpg
スポンサーサイト

メリー苦しみましたね。

どーもどーも。

粉末です。

やっとこさクリスマス営業が終わりましたよ。
っても明日もバイトですが、、、、、、

なんなら明日部活の年末大掃除&忘年会もあるそうだとか・・・・・。


もうやだ、家で年越しまでボーっとしてたいわ
゚(*゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚*)ノ゚。゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚。


今日バイトから帰還してなんとなく借りた窪塚主演の「ピンポン」見ました。

pin1.jpg



ん~。。。。いいねぇ。
松本大洋の世界観は全然出し切れてないけど。。。
単純に面白い映画でしたよ

問題はそこじゃなく。。。。

最近思うんだけど、、、、、、、、、、、、ネット宅配???
あれ駄目だわ。。ww

3回に1回くらい再生しずらいDVDが送られてくるんだよねぇ
まぁまだこういう体制始めて大して期間が経ってないから
TSUTA●Aさんも色々管理しきれてないんだろうけど
あんまりだわw

そっして今回のピンポンも。。。。

フレーム落ちに音飛び、、、etc

一回見た事ある映画だったから、もう良いけど(●´∀⊂)
ビデオは借りに行ったほうが良いって事!!

んじゃもう26日なんだけど(笑)

メリークリスマス☆

「西の魔女が死んだ」

どうもw(*´∀`*)w

下宿したらカップラーメンで食費浮かせると
語っていたら、友人の女の子に、

「どことは言わないけど、機能せんようなるらしいで。一生DTのままは嫌やろ??」

と言われ、いろんな意味で辛かった粉末です。

d4cdb00a.jpg

ストーリー
中学に進んで間もない夏の初めに、学校へ行けなくなった「まい」は、
森で暮らす“西の魔女”のもとで過ごすことになった。
西の魔女とは「まい」のママのママ、大好きなおばあちゃんから、
「早寝早起き、食事をしっかりとって、よく運動すること」が、どんなに大事かを教わる。
「まい」は戸惑いながらも、料理、掃除、洗濯、庭づくり・・・と、日々励んでいくが、
実はその生活は、“魔女修行”の始まりだった。

監督:長崎俊一
出演:サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一 他


このおばあちゃん役、サチパーカーさん
「愛と追憶の日々」(83年)でアカデミー賞主演女優賞を
受賞したシャーリー・マクレーンさんの娘さん!!

子供の頃に覚えた優しい日本語の操り具合が
いっそう魔女っぽさを醸し出しています。。

プラス高橋真悠の演技が良い!!
以外にも演技は初挑戦だったようだが
素直な明るく優しい笑顔が特徴的な女優だと感じました☆…(-c_,-。)

おばあちゃんのみが持つ、優しさのオーラってもんがありますよね
このお話はロケ地が某有名ペンションの森で、祖母がイギリス人だってこともあるんですけど
おばあちゃんの持つ、包み込まれるような優しさってもんはかわらないんですよねw

全てのオチを言うにはあまりにもったいないので
後半にかけてなんですが、高橋真悠演ずる「まい」は
おばあちゃんとひどい別れ方をしてしまうんですね。

そのシーンを見て思い出したのが
この名作・・・・・・・・・・・・・・・・

untitled.jpg

映画「のび太とおばあちゃんの思い出」

秋なのに花火を買ってとおばあちゃんに無茶を言い
「おばあちゃんなんか嫌いだ。」と言う、その後
その事を謝る事も無いまま、おばあちゃんは死んでしまいます。

それを小学5年生になって思い出したドラえもんのび太は
時間を遡りおばあちゃんに謝りに行くのだが・・・・・。


あまり知られて無いんですが、この話とても良い!!!

ドラえもんだからとかではなく、どこの誰だってある
死んだ人への後悔の話なんだけど、そこはドラえもん
簡単に昔に戻っちゃうわけですな、、

ただ、過去を変えるのではなく
謝りに行くってとこが重要なんだよねぇ。。。


声優が変わってからも一度アニメでリメイクされたんだけど
なぜか最後に無理やり笑いを入れてストーリーになっていた。。

あれは問題だったねw

多分あれがあったから新しいドラえもんに馴染めない
と思った人もいたんじゃないかな。。。


話が脱線しましたが、、、笑

とても良い映画なんだ両方とも!!
ぜひ見て欲しい作品である。

MMWAe2000027022008_10_1_e25B15D.jpg


そして今、謝れずにいる人がアナタにはいないだろうか
もしいるのなら、ぜひ謝って欲しい。

この2つの映画は、死んだ後に間接的にとはいえ
死んだものとの対話ができているが・・・・・。

悲しいながら現実はそう上手くはいかない。。


大事な人ではなくても、死んだ者への後悔は
どうやっても、どう頑張っても届かないのだから。




まぁ明日のテストは補修という後悔のチャンスがありますからw
どうってことないんですけどね。・゚・(*ノД`*)・゚・。


「奇跡のシンフォニィー」

どうもお久しぶりです。。
なんやかんやで更新空いてしまいました。。

今日は久々な朝から大学行ってたんですが
家に帰ったら、TUTAYAネット宅配来てました。。。。。

そもそもここしばらくで映画もだいぶ見ましたょ

「口裂け女」
「奇跡のシンフォニィー」
「転々」
「インディージョーンズ:クリスタルなんちゃらの秘法w」

などなど、、、、
インディは今日見ました(*` 艸 ´)

kisekii.jpg

その中でもこれ!!

いや、インディジョーンズもおもしろかったよ??
宇宙人オチでなければw

でこの映画、前からきになってたんですよ
ロビンウィリアムスが出てましたしね。。。

でまぁ、内容ざっと言いますと
若き女性天才音楽家と人気のあるバンドのボーカルが
禁断の恋お落ちるんだわな

で、その間に子供出来ちゃうんだな
その事を知る前にボーカルさんと離れ離れになるわけょ
そして、仕方なくその子供は施設に送られる・・・・。

何年かして子供は大きくなる。
またその子も親の血か、天才的音楽の才能の持っていた。
ある日、彼は施設を抜け出し、なんお当ても無いまま
ニューヨークの街へと、両親を探す旅にでるのだった。。。

1005846.jpg



でまぁ、なにがおもろいのかって言う話。。


ロビンウィリアムスは結果的あんまり良い役ではなかったんだな
必要ではあったんですけど。。、

楽器をやった事しか分からないかもしれないが
音楽ってのは、ほんとに人と人をつなげるんだよねぇ。。

普通の人からしたらセッションしたら心がつながる
っていう単純な意味でもあるけど。

絶対音感の人からすると雑音、街の喧騒すらも音楽に聞こえるらしい。
つまり、だれよりも感受性の強い人ってこっちゃ。
その人たちからすると、話合うよりも音楽、
心臓の鼓動・・・・なんかのほうがお互いの想いを伝えるには
効率的みたいなんですよね。。。


まぁ、結果的にこの映画面白いと思った訳は
さっくり見れるところだとwww

うん


以上だな。

明日あたり「西の魔女が死んだ」見ようかと考えています(●´C_,`●)
テスト期間中なのにねwww


【ドラマ・漫画・映画】アルジャーノンに花束を・ブラックジャック・レナードの朝に

この3つの話を知っているだろうか??

長くなるので先に言うと、この秋に充実した時間を過ごしたいアナタ!!
この中から1つでいいので見て欲しい。きっとアナタを成長させるはず・・・・。



pcbe000050472.jpg

「アルジャーノンに花束を」

原作はアメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによるSF小説なのだが
日本でもドラマや舞台、小説などでリメイクされている。

主人公である「彼(チャーリィ・ゴードン)」自身の視点による一人称で書かれており
主に「経過報告」として綴られている。最初の頃は簡単な言葉や単純な視点でのみ
彼の周囲が描かれる。 

精神遅滞の青年チャーリィは子供の頃、知能的には正常であった妹に
性的な乱暴を働いたと家族に誤解され、母親に捨てられた。
別れ際に彼女が発した「いい子にしていれば迎えに来る」という
言葉を大人になっても信じている。

 知的障害の為、幼児並の知力しか持っておらず
そのことでパン屋の従業員にからかわれたり、騙されいじめられていることや
母親に捨てられたという事実は理解できない。

ある日、彼はパン屋の仕事のかたわら通う精神遅滞者専門の学習クラスで
監督者である大学教授から、開発されたばかりの脳手術を受けるよう勧められる。
先んじて動物実験で対象となったハツカネズミの「アルジャーノン」は
驚くべき記憶・思考力を発揮し、チャーリーの目の前で難関の迷路実験で彼に勝ってしまう。
この手術の人間に対する臨床試験の被験者第1号として、彼が選ばれたのだ。

手術は成功し、チャーリーのIQは68から徐々に上昇。
ついには185に達し、彼は超知能を持つ天才となった。
チャーリーは大学で学生に混じって勉強することを許され
知識を得る喜び・難しい問題を考える楽しみを満たしていく。だが一方で、
頭が良くなるに連れ、これまで友達だと信じていた仕事仲間に騙されいじめられていた事
母親に捨てられた事など、知りたくも無い事実の意味を理解するようになる。


そんなある日、自分より先に脳手術を受け、彼が世話をしていた
アルジャーノンに異変が起こる。チャーリーは自身でアルジャーノンの異変について
調査を始め、手術に大きな欠陥があった事を突き止めてしまう。
手術は一時的に知能を発達させるものの、性格の発達がそれに追いつかず
社会性が損なわれること、そしてピークに達した知能は
やがて失われる性質の物であることが明らかとなり、彼は失われ行く知能の中で
退行を引き止める手段を模索する。

彼は経過報告日誌の最後に、正気を失ったまま寿命が尽きてしまった
アルジャーノンの死を悼み、これを読むであろう大学教授に向けたメッセージとして
「アルジャーノンのお墓にお花をあげてください」と締め括る。

                  (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


私が見たのは舞台が日本でリメイクされたドラマだった。
主人公はユースケサンタマリアで彼の演技の凄さをこの作品で知った事を
鮮明に覚えています。




toukou06.jpg

 ブラックジャック 9巻85話「浦島太郎」

「ブラックジャック」に、こんな話があります。
ブラックジャックはある時、炭坑事故で植物状態となった少年に出会います
彼は、55年間、寝たきりのまま目覚めない。しかもいっさい老化せず
彼は少年のままの姿だった。このままを維持するのは病院にとっても大変な負担だ。
ブラックジャックがいつものように治そうとすると、そこに
「安楽死もまた患者を救済するための手段になりうる」という信念を持つ
ドクター・キリコが現れます。彼の手術でも蘇らなかったら
キリコの手に預けようと決めるのですが
手術無事成功し、少女は見事意識を回復。

二人が満足していると、少年は言います。

「お父さんは?お弁当を渡そうと思って・・・」

二人があれから何十年も経っていること、家族は意識回復を待たず
彼を残してすでに亡くなってしまっている事を話すと

「なんで・・!!・・・なんで・・・・・なんで私を治したの!!」

生きる事にも死ぬ事にも絶望を感じた彼は
みるみるまに老けていきその場で息をひきとります。

ブラックジャックとキリコは、頭を抱えて座り込み
「何が医療だ!私達は神にでもなったつもりいたのか!」と言った。

すみません。大分と原作忘れてしまいましてセリフはもっと完璧なものだったんですが
要するに、生かすだ。殺すだ。と医療技術と腕に自身のあった彼らは
一番大切な事、彼女の命は彼女のものだということを忘れていたんですねぇ・・・。
さすがは手塚治虫先生・・・といった所でしょうか。




B000666RHI_09_LZZZZZZZ.jpg

「レナードの朝に」

1969年、ブロンクス。
慢性神経病患者専門のベインブリッジ病院に赴任してきた
マルコム・セイヤー(ロビン・ウィリアムズ)は無口で風変わりな男だったが、
患者に対する態度は真剣で、彼らが話すことも動くこともできないものの、
まだ反射神経だけは残っていることを発見すると、
訓練によって患者たちに生気を取り戻すことに成功し、
その熱意は治療をあきらめかけていた看護婦のエレノア(ジュリー・カブナー)の
心をさえ動かしていった。そんなセイヤーの患者の中でも最も重症なのが
レナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)だった。

彼は11歳の時発病し、30年前にこの病院に入院して以来、
意識だけはあるものの半昏睡状態で寝たきりの生活なのである。
何とか彼を救おうとしたセイヤーはまだ公式に認められていない
パーキンソン氏病患者用のLドーパを使ってレナードの機能回復を試みる。
そしてある朝、ついにレナードはめざめを迎えた。ベッドから起き上がり、
セイヤーに連れられて30年ぶりに街に出たレナードにとって見るものすべてが驚きだった。
その効果に意を強くしたセイヤーは上司に他の患者にも新薬を使うことを申し出て、
病院のスタッフの協力によって投薬が始まョった。そしてある夜のこと、
セイヤーはベッドから次々と起き上がる患者たちの姿を見るのだった。

一方、完全に機能を回復したレナードだったが
彼が病院に見舞いにきたポーラ(ペネロープ・アン・ミラー)に
生まれて初めての恋をしたことから問題が起こる。
1人だけで外出したいというレナードに医師団は反対し、
それに反発したレナードは怒りからか、再び病状の悪化が始まってしまう。
しだいに狂暴になるレナードをセイヤーですら押さえ切れなくなる。
そして、ついにレナードを始め、目覚めた患者たちは、すべて元の状態に戻ってしまう。
自分のしたことは間違いだったのだろうかと悩むセイヤーに
エレノアは優しい言葉を投げかけるのだった。

実話をもとに描かれたお話で、ロバートデニーロがいい味を出している




と、いうわけで「ほんとうの幸せ」を医療によって描こうとした3作品を紹介しました。
もっと大切なことを学べる話も
「アンドリューNDR114」
「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー 」などなど
いっぱいあるんですが
今日はこのくらいで・・・。

秋っていいね♪

【映画】SWEET RAIN ~死神の精度~

071005182646.jpg

どうも、文化祭明けで死んでる粉末です!!

今月はテストやら文化祭やらで全然映画やドラマ見れてなかったんで
溜まったそれらを解消してました^^;

さてさて、では今回はこれ!!

【SWEET RAIN ~死神の精度~】です!!

なんとなく、題名に「死神」というのが入ってるのが気になって
・・・・・・ん~。「死」って「愛」よりも描くのが難しいテーマだとおもうんですね。

何故そう思うかは、また後にして・・・・・

 ストーリー:金城武演ずる死神「千葉」が特定の人間を
今、死ぬべきかどうか審判するというお話。
彼が人間界にいる時はいつも雨。
相方の黒い犬を引き連れて今日もまた・・・・。

出演:金城武、小西真奈美、富司純子、石田卓也

石田卓也!!またしても彼!!!!
「僕たちと駐在さんの700日戦争」「夜のピクニック」
どちらとも彼の演技は大好きです!!
基本荒々しい演技なんですが、落ち着いたときの困った顔もカッコよくて。。。
演技に対する真面目な姿勢を感じる俳優さんです!!!

いつものようにネタバレでも良いのですが、、、、、
本当に良い作品はネタバレでなく是非アナタの目で見て欲しい!!

「太陽って特別じゃないでしょう?でも・・・大切ではある。死ってそういうものなのょ。」

CGやVFXが当たり前になったこの時代でも、死の存在ってのは
簡単なシナリオでは、見てるほうが萎えてしまうんですよね。。

私は特にそのタイプで、戦争ものの映画を極端に嫌います。
あ、話少しそれますがw

過去を知る事は未来を作り出す私たちには大事なんだけど・・・。
見たら・・・泣きますよね?絶対。

死ぬのって、作り話でも実話でも楽しい事ではないんですよね。
泣くのには、体力が要ります。

よく、あの映画は泣けた・・と友達に言われるんですが・・・・。
どんな面白そうな映画でも、激しく見たくなくなります。

映画の感想で「泣いた」って、あまりにも極端にも単純ですよね。
愛かもしれないし、友情かもしれないけど
ただ「泣いた」なんて、それしか感じない、感じさせない映画って
なんだか・・・・・・しょうもなさそうに感じてしまう。私だけ?wwww


ってな感じで☆5つの作品です!!
是非見てみてね♪

【映画】ぼくたちと駐在さんの700日戦争

2348fb77.jpg

あぁ、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の前にだね
「全然大丈夫」観たんですが
面白かったけど・・・。期待しすぎていたみたいだよww

で、本題に入って・・・「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
略して「ぼくちゅう」!!!

感想から言わせていただくと・・・。
凄く良い映画だった!!!
久々にまとも・・・いやそれ以上に良かった。
もちろんストーリーも演出も良かったんだけど
なにより、やっぱ目についたのがキャストだったねぇ、

主役に市原隼人、佐々木蔵之助
この二人はすごいねぇ!!

市原隼人、通称イッチーも昔から学生役
いつまでなのかw

e78a0df0.jpg

「偶然にも最悪な少年」の時は
「あぁ、もうこの子こういう頭おかしいキャラつきすすむんだなぁ・・」
と思ってたんですが、しばらく見ない間に「天使の卵」やらなんかに出てきはじめまして・・

実際、実力のある俳優さんですからねぇ
あの曇りの無い笑顔!独特のオーラと喋り方
いつもだいたい同じようなキャラですが、うん。いいよねw

佐々木蔵之助さんは、名脇役!?ッてイメージだったんですが
いつのまにか主役級に・・・
最近ではドラマに出てないときが無いくらい
常になにかに出ていて、前なんかは他局のドラマですけど
同じ時期に大事な役どころとして2つ出演してたり・・・・・
この人の演技はすごく好きです!!
良い人も、滅多に無いけど悪い役も好きっすねぇ♪

あとは出演者に、「時効警察」で大好きになった麻生久美子さん
きゃわいいですなぁwww

まぁそもそもこの映画自体、原作がブログだったのを
今は無きココリコミラクルタイプと時効警察のスタッフが制作したので

この人が出てきてもおかしく無いわな(●´∀⊂)

マドンナ的役どころで、、最近面白キャラが根付き初めていたので
ちょっと不自然でしたがw

あとは、「夜のピクニック」で好きになった石田卓也君や
「ごくせん!」でクマ役で有名な脇知弘君
「花より男子」で、つくしのの弟役だった富浦智嗣君

彼らのキャスイングには感動でした!!ヾ(*`∀´*)ノ

脇君、石田に至ってはそのままテーマ曲
ファンキーモンキーベイビーズの「旅立ち」と「ちっぽけな勇気」のジャケットにもなってます!!
ついでに曲もだいぶいいんでオススメ!!!




てなわけで、☆5つでオススメしたい映画でした!!!!
ぜひ見てみてはどうでしょうか|*゜∀`*)

【映画】Genius Party

61rGbDkHpoL.jpg

うん。そんなにだったw

2つめの「上海大竜」 3つめの「デスティック・フォー」のみ
この2つに関しては私が母と見ても楽しめる作品だった。。。。


「Genius Party」 STUDIO4℃制作の7つのショートムービーアニメ映画である。。。
正直もう発想や、技術は素晴らしいと思う!!
しかし眠いのでザックリ言うと、意味わからんwwww

スバラシい表現力と発想力があっても楽しくない話を見る事ほど苦痛はない
ましてや、深い意図を見るものに考えさせるなど
大まかなストーリーがしっかりしてからしてほしいものだ。。。

あまりにもわからんので、学校の図書館で2007年の雑誌「アニメーションノート」を借り
監督の意図について読んでみたが・・・・チャンチャラ笑えましたよ(●´∀⊂)

「3年前からラフを描いていた、それをつなげてコンテをつくりストーリーは勢いで
リズミカルに作る。大雑把にしてるようでちゃんと考えているんですかね。」

おいおいおいおいおいおいおい(●´C_,`●)プッ"

まぁ単純に映像が好きで絵を描くのが好きな学生なら
「すごーーーーーーーーーーい!!」なんていうかもだが

子供や、おばあちゃん家族で見て楽しいだろうか????
ピカソを見て凄いと叫ぶのはまずこのような人たちではないはずだ。

映像は芸術ではない!アートなら自己満でいいけど
映像は見た人に伝わってナンボだ!!!

と常識的デザイナーの卵として考える。

アニメという存在の枠を広げる新しい試みだと思うし、歴史に残るレベルの作品かもしれない
もちろん良い作品もあるのだが、この作品集「Genius Party」という全体でいうならば

もう見たいとは思わない映画でした。。。。。。。。。。。以上



次は「全然大丈夫。」見まぁす!!

【映画】 図鑑に載ってない虫

5224684c.jpg

正味もう見てから1週間くらいたつんんでですがw

良い映画でした「図鑑に載ってない虫」
監督がドラマ「時効警察」でも有名な三木聡さん

ストーリー:ライターの「俺」は、「月刊 黒い話」の美人編集長から
「一度死んでも生き返れるという『死にモドキ』を使って、臨死体験をルポしろ」
というとんでもない依頼を受ける。「俺」はアル中のオルゴール職人エンドーを無理矢理巻き込み
まずは『死にモドキ』調査中に消息を絶った、カメラマンの真島を探し始める。
2人は、元SM嬢でリストカット・マニアのサヨコや、おかしなヤクザ&その子分らと遭遇しながら
“『死にモドキ』を捜索するが。。。

やっぱり時効警察で出演していた岩松了さん ふせえりさんは言うまでもなく面白くwww
完璧なセンスをもってますよねぇ
ある意味ゆるゆっるの演出ですが。。。。w

あと、これで初めて菊池凛子の演技みたんですけど
噂どうり?さすがゴールデンアロー賞をはじめ10個くらいの賞をもらってる演技でした。
てか、見やすい程度に普通でしたw
でも表情豊かな人で、笑うより泣く困るといった顔が似合うようで。。。。、
でも、そのキャラへのなりきり方には驚く程です。。。。

まぁ正味、綺麗ってほどの女優さんではないんですが
その分、演技が光ってましたねw

c0055456_22123144.jpg

画像一番左のエンドー役を演じた松尾スズキさん
多分この人が一番の実力者だな・・・。
基本きもい演技なんですですけど全くブレが無い。

監督がこうしたらいいなぁと思うその上を行っちゃうタイプの俳優さんじゃないですかねぇ??

この人にしても菊地さんにしても真面目な俳優さんキャスティングしてるとこも
この映画がただのオチャラケ映画でない要因かも。。

真面目と言えば主役(左から2人目)伊勢谷友介さん
過去の作品から見るに結構経験豊富な人、、、、けど
やっぱこういう笑いの演技の役者ではない。。。

監督が、そういう普段真面目な役者の人を面白くするのが好きなんでしょうw
実力がともなってるからこそできる発想ですなぁ



まぁこんなもんで今回は、終わっておきますか。

次は「自虐の詩」見る予定です!!

【映画】 ユメ十夜

51GC3n2mATL.jpg
 
最近更新遅めですが、、、、笑

昨日ですけど、学校の視聴覚行事で
「ユメ十夜」見ました。

題名のとおり、夏目漱石の原作「夢十夜」を
10人の監督がオムニバスで作った映画でっす。。

内容としては、全体とおして
最初に「こんな夢を見た。」からスタートするってとこくらい??

私は第1夜と6夜しか原作知らないんですが
真面目に原作どおりに作り、ちょっと表現変えてるって人もいれば
最初は全く関係なくて最後のオチがほんわり原作チックなのもあり。。。。。

まぁ7割程は意味不明ww



面白かったか??と言われれば
・・・・正直面白くなかったかなぁ???という感じでヾ(*`∀´*)ノ

けど原作知ってたらおもしろいのかもしれません!!

私の学校の先生が原作を昨日の夜から読み始めたそうですが
どうも、映画の印象があった為、入り込めないと・・・・、。


つーことで原作を先に読めば、面白さはアップするかな??


けど意味不明には変わらないんだけどwwwwww


テーマが夢ですからねぇ。。。
オチがなくて
プロフィール

粉末 良平

Author:粉末 良平


00000000000

19歳の大学2回生です。

映像・デザインを中心に
イベントやサークルの制作を
行っています。

映像音声制作研究部部長
ブライダルアルバム事務員
としても働いてます。



00000000000




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。